スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

おすすめ参考書その2

勉強法を書きなぐってきましたが、
「具体的にどんな参考書を使っていたのですか?」
という質問がよく来るので、ここでまとめておきます。

ここでは偏差値60オーバー程度で使いやすかった参考書をまとめます。
自分が当時なにをしていて、成果はどうであったかというのに注目して書きます。

この辺まで来ると、ある程度は自分の勉強の仕方もあるし成果が出ないというわけでもない。けれどももう少し上に行きたいのにいけない。
といった感じでしょうか。

このとき僕がやっていたことはいろんな問題の丸暗記です。

暗記かよ!といってしまったらそれはそうなんですが、暗記だってやり方はあるんです。
偏差値60(上限を80くらいとして)にいるということは、
成績が上がらない状態じゃなくて、苦手だから放置している科目や分野が多い
という感じでした。(⌒-⌒; )

例えば僕の場合は社会や国語や英語が苦手なタイプでした。
模試でも数理は80%でのこりが50%ほど、合わせて偏差値60と言った感じでした。

こういう形で好きな科目と嫌いな科目のバランスが悪い状態が偏差値60だったと記憶しています。
そんなわけでこの状況を打破するために丸暗記をしていました。具体的には以下となります。

嫌いな科目と好きな科目を分けて考える。ポイントとしては現状から少しでも上がればよいと考えて丸暗記。
嫌いな科目の場合
苦手分野を一つでも潰せればいいと考えてまずは解法や科目における常識の暗記
得意な科目の場合
実践的な問題を解き続けることで、今までの知識の実用例を暗記。できなかったら知識として暗記。

・感想と結果
感想としては達成感、というかこのブログができるきっかけになりました笑。失点する分野が減ってくるので模試の特典によるばらつきが減ったように思います。
そこで使っていた本などはこちらになります。
東大数学で1点でも多く取る方法 理系編 増補版
あとはいろんな大学の過去問です笑

この本のいいところは赤本の解説よりも丁寧な印象です。
赤本は解答でこちらは解説といった印象です。

演習問題もそこそこにありとても見やすかったです。

・使い方
実践的な問題(過去問)を解くことによっていままで培ってきた知識を使える知識に変える作業です。
できたものは使い方も含めて暗記しておき、できなかったものはできなかった理由も含めて丸暗記です。
これを何度もなんどもしていくと、アプローチの仕方がひろがっていくんです!本当にびっくりします笑

偏差値70くらいの人は
頭がいいんじゃなくて、受験における必要なモノを少し多く知ってるだけだと思います。

わかりにくければコメントなどをいただければと思います( ^ω^ )

スポンサーサイト
2016-05-15 : 参考書 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

0からの古文tips

マーク式基礎問題集 19 古文 四訂版   短期攻略センター古文 (駿台受験シリーズ)   センター・マーク標準問題集古文―代々木ゼミ方式 (分野別シリーズ)
↑各予備校の問題集が安いです

コメントを頂きましたのでちょっと思うところを書こうかなと思います。

古文なんてものは日常生活からけっこう離れてますし、受験のために始めるなんて人も多いかと思います。
実際僕もその中の一人です。

そこで、僕が初めて始めたときに使っていた参考書であり、今から見てもよかったなあと思えるものをピックアップしてみようかなと思います。

まず、古文は大きく分けて単語と文法ですよね。

・単語について
単語については僕自身機械的な暗記が大嫌いなので、俗的なものに走ってしまうのですが
結果的によかった本を紹介します

【古文単語ゴロゴ】
【古文単語ゴロゴwithCD】


こちら有名なゴロゴですね。ゴロゴのいい点はやっぱりゴロですよね。ウルトラスーパーめんどくさい暗記ですがゴロならけっこう頭に入ってきたりするものです。単純な暗記よりはサクッと思いだしやすかったかなと思います。
↑のリンクでは「上側がイラストとアプリを強調したもの」で下側が「CDを強調したもの」になっています。実際に僕は下側のCDを聞きまくっていたのですが、好みがわかれそうなので両方リンクをつけておきました。

単語はこの本で初心者から上級までは問題なかったです。
だって理系だから古文とかみんなやらないし

・文法について

文法はまず何をやっていいかわかりませんし、ごちゃごちゃ細かく書かれてるのもウザイ。。。
ということでそうなっていなかったので僕のお気に入りを紹介します。

【本番で勝つ!飯塚敏夫の古典文法 (シグマベスト)】

この本の特徴はとりあえず字が大きくて無駄にいっぱいページをつかっていることです。なので初めて学んだ僕にとってもとっつきやすかったのが大きいとことです。かといって手抜きなわけでもなく、しっかり書かれています。とりあえずこの本を使ってみてほしいところです。

【マドンナ古文 パワーアップ版】

こちらの本は全部読むというよりは必要なところだけを読んでいる感じでした。例えば未然形接続の助動詞とかですが、謎の歌がかかれています。「むずむずするじ~(略」みたいなやつですね。でもこれが意外と覚えさせてくれるんですね。受験最後まで役立ちました。

初心者からという質問だったのでここらへんで区切ろうかなと思います(^0^)
自分にとって役立つ参考書の参考になれば幸いですね~

2014-08-03 : 参考書 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

大阪市立大学医学部にむけての数学参考書まとめ


大阪市立大学(理系) (2014年版 大学入試シリーズ)

↑どんどん値段下がってますね


コメントを頂きましたのでちょっと思うところを書こうかなと思います

大阪市立大学の医学部は関西の医学部の中では人気がトップクラスであって
競争が激しいところですよね
その中で数学を得点源にしたい...っていうことはよくあると思います
ここではそのために僕がお勧めできるものを紹介していこうと思います

まず、大阪市立大学のような総合大学での一般学科の数学の得点率はだいたい5割といわれているようで、
医学部生には全くおんなじ問題で7~8割くらいの得点率が相場のようです

さて、その問題を見てみると(2006から2014まで)わかることなのですが
一般学科と同じ問題なので非常にベーシックな問題が出題されています

そのために必要な演習をすればいいわけですよね

【新課程チャート式基礎と演習数学】
【1+A】【II+B】【3】

巷では青チャートがいいと聞きますが僕は使ってません。なんせ量が多いし問題が重いので
白チャートのレベルを完璧にするだけでかなり状況が変わってきます
使い方としてはこの本のレベルの問題は見た瞬間に解答までのルートが見出せるレベルまで仕上げてください
これによって初見の問題で全く手が動かないということがなくなってくるのを実感できると思います

さて、白チャートをみてすぐにルートがわかってもやっぱり実際使ってみないとだめなわけです
頭でわかってるんだけど、できなかった
というのはよく聞きますがそれは演習不足だと思います
【一対一対応の数学】
【1】【A】【2】【B】【3微積分編】

この本のいいところはレイアウトが白チャートに似ていることと適度に薄いところです
この辺の問題がでてきてびっくりしなくなってきたら大阪市大で戦う力は十分についていると思います

白チャートから一対一までレベルが吹っ飛んだように感じるかもしれませんが別にそうでもありません
結局難しい問題は簡単な要素を見えにくくしていたりするだけのことが多いです
実際市大の問題を載せていますが、特に悩んだ覚えもありません。
頭をつかっているわけではなくてパターンがすぐ見えるからです

でも苦手な分野って言うのがでてきたりしますよね
そういう場合は僕はこれを1日で一周するペースでやりました
【面白いほどシリーズ】
【確率】

僕は確率がきらいだったのでこの本を高速で読むことを目標にしました。
とはいえ嫌いな単元なので思っていたよりも進めなくて、この本はやっていてよかったなあと思うところです
坂田先生のこの本は本当に見やすくてサクサク進めましたね

【マスターオブ】
【整数】
これはやりすぎたところもありますが
おもいきって整数マイスターになるきでやりました
やっていたことはパターン暗記に過ぎません

結局のところ市大の数学は結構簡単なパターン問題が多いです
なので解けないのは知らないからだとわりきってやるべきだと感じました
過去問を解く際はこちらのブログに(ちょっと古いですが)解説も載せていますので
どんな感じで考えてるのかがわかるんじゃないかなとおもいます



2014-07-18 : 参考書 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

おすすめ参考書

勉強法を書きなぐってきましたが、
「具体的にどんな参考書を使っていたのですか?」
という質問がよく来るので、ここでまとめておきます。

自分の立ち位置が今どこにあって何をすべきなのかわからないと非常に不安ですよね。
しかもエリートコースを進んできた頭がいい人はこの気持ちがわからないようです。
(なんでセンター数学9割切るのかわからんというのを最近聞きました。
でも9割って普通に考えたらむちゃくちゃ難しいですし、僕自身が9割超えたときの感動はすごかったですがw)

さて、僕は何度かお話ししている通り偏差値20くらい~80くらいまで取ったことがあります。
こんな経験をしている人はふつういません!wということで自分の経験を生かして、上記のよくある質問に答えてみようと思います。

自分が当時なにをしていて、成果はどうであったかというのに注目して書きます。


偏差値20~40くらい
このときはまったく受験勉強なんてしたことがなかったときで、何をどうしていいかわからなかったです
まず、僕は教科書をノートに写していました

・感想と結果
感想としては達成感がものすごくありました。しかしまったく成績は変わりませんでした。
写してきた部分を忘れちゃうんですよねー。そこで悩みに悩んでいいものを発見できました。

細野真宏の確率が本当によくわかる本―数I・A (1週間集中講義シリーズ)

細野真宏の数と式〈整数問題〉が本当によくわかる本―数I・II (1週間集中講義シリーズ)

細野真宏の数学が本当によくわかる本 2次関数と指数・対数関数が本当によくわかる本

細野真宏のベクトル〈平面図形〉が本当によくわかる本―数B (1週間集中講義シリーズ)etc...

有名な細野真弘シリーズですね!
この本をやってみると少し感覚が変わりました。

この本のいいところはくどいくらい優しい点です。
普通の本では1ページくらいで終わってしまう説明を3ページくらい使っていると思います。

中に基本的な演習問題もついていますから、適度に演習もできるのが非常にいいです。

・使い方
ページ数でいうと各書籍200を超えます。なので一週間で読むとすれば30ページです。
が、さっき言った通りくどく言っているだけなので中身としてはサクサク読めます
あだ、一週間で読むとしても一回で頭に入らないです。なので2日で終わらせて三回転させる方針でつかってください。

このとき頭に入っているなんか考えずに回転させてください。すると気づいたころには、
問題の見え方がかわる
はずです。

この感覚、体験してみてほしいですね。

依頼があれば別の層についても書きますね^^

細野真宏の積分〈計算〉が本当によくわかる本―数III   1週間集中講義シリーズ細野真宏の積分〈計算〉が本当によくわかる本―数III 1週間集中講義シリーズ
(2003/03)
細野 真宏

商品詳細を見る


2013-06-16 : 参考書 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

ゆかベクトル、せき

Author:ゆかベクトル、せき

はじまり

↑初めて受けた代々木医学部模試
6個のW(W判定+White判定)から始まったD(daigakusei)のブログ

素直(?)な目線で
受験問題を解いたりしてみています。
0点から名前掲載まで幅広く経験しています。


はじめての模試の心境と成績表概略


大阪市立大学に在籍中です

質問やご指摘等ありましたら下のメッセージボックスかコメント、あるいはメールをこちら↓にお願いいたします
yukavector☆gmail.com(☆を@にしてください)

大学受験 ブログランキングへ

検索フォーム

お知らせ

【このブログについて】
『1』解説は「続きを読む」をクリック

アクセス急増リンクまとめ 【よくある疑問】 【医学部への参考書】 【0から古文】

スポンサードリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
34位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。