[物理]センター試験2013第二問

センター試験2013第二問

(7)
コイルを通過する磁束が変化することで誘導電流がながれます
その大きさは主に

磁界の強さの変化の早さ
コイルの巻き数
磁界の強さ

などに依存して変化します

アでは磁界の強さが
イでは巻き数が変化します



(8)
磁界の変化を妨げるように
誘導電流が流れます

その向きと矢印の向きが一致すれば正の値をとるわけです


さらにAの電流よりもBの電流の方が大きいですが
これは磁石の下る速度が速くなっているため、
磁界の強さの変化の早さが早いからですね



(9)
キルヒホッフの法則をもとに電位をみていくわけです

直列に接続された抵抗はおなじ電流を共有することから問題文の条件が使えます



(10)
キルヒホッフの法則です

電流計を通る電流は回路全体に流れる電流です



(11)
同様にキルヒホッフの法則を見ます


電力P=I2R
I=電流
R=抵抗

なので先のものを代入します

その式から判断できます

関連記事


2013-07-31 : センター試験 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆかベクトル、せき

Author:ゆかベクトル、せき

はじまり

↑初めて受けた代々木医学部模試
6個のW(W判定+White判定)から始まったD(daigakusei)のブログ

素直(?)な目線で
受験問題を解いたりしてみています。
0点から名前掲載まで幅広く経験しています。


はじめての模試の心境と成績表概略


大阪市立大学に在籍中です

質問やご指摘等ありましたら下のメッセージボックスかコメント、あるいはメールをこちら↓にお願いいたします
yukavector☆gmail.com(☆を@にしてください)

大学受験 ブログランキングへ

検索フォーム

お知らせ

【このブログについて】
『1』解説は「続きを読む」をクリック

アクセス急増リンクまとめ 【よくある疑問】 【医学部への参考書】 【0から古文】

スポンサードリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
43位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる