おすすめ参考書

勉強法を書きなぐってきましたが、
「具体的にどんな参考書を使っていたのですか?」
という質問がよく来るので、ここでまとめておきます。

自分の立ち位置が今どこにあって何をすべきなのかわからないと非常に不安ですよね。
しかもエリートコースを進んできた頭がいい人はこの気持ちがわからないようです。
(なんでセンター数学9割切るのかわからんというのを最近聞きました。
でも9割って普通に考えたらむちゃくちゃ難しいですし、僕自身が9割超えたときの感動はすごかったですがw)

さて、僕は何度かお話ししている通り偏差値20くらい~80くらいまで取ったことがあります。
こんな経験をしている人はふつういません!wということで自分の経験を生かして、上記のよくある質問に答えてみようと思います。

自分が当時なにをしていて、成果はどうであったかというのに注目して書きます。


偏差値20~40くらい
このときはまったく受験勉強なんてしたことがなかったときで、何をどうしていいかわからなかったです
まず、僕は教科書をノートに写していました

・感想と結果
感想としては達成感がものすごくありました。しかしまったく成績は変わりませんでした。
写してきた部分を忘れちゃうんですよねー。そこで悩みに悩んでいいものを発見できました。

細野真宏の確率が本当によくわかる本―数I・A (1週間集中講義シリーズ)

細野真宏の数と式〈整数問題〉が本当によくわかる本―数I・II (1週間集中講義シリーズ)

細野真宏の数学が本当によくわかる本 2次関数と指数・対数関数が本当によくわかる本

細野真宏のベクトル〈平面図形〉が本当によくわかる本―数B (1週間集中講義シリーズ)etc...

有名な細野真弘シリーズですね!
この本をやってみると少し感覚が変わりました。

この本のいいところはくどいくらい優しい点です。
普通の本では1ページくらいで終わってしまう説明を3ページくらい使っていると思います。

中に基本的な演習問題もついていますから、適度に演習もできるのが非常にいいです。

・使い方
ページ数でいうと各書籍200を超えます。なので一週間で読むとすれば30ページです。
が、さっき言った通りくどく言っているだけなので中身としてはサクサク読めます
あだ、一週間で読むとしても一回で頭に入らないです。なので2日で終わらせて三回転させる方針でつかってください。

このとき頭に入っているなんか考えずに回転させてください。すると気づいたころには、
問題の見え方がかわる
はずです。

この感覚、体験してみてほしいですね。

依頼があれば別の層についても書きますね^^

細野真宏の積分〈計算〉が本当によくわかる本―数III   1週間集中講義シリーズ細野真宏の積分〈計算〉が本当によくわかる本―数III 1週間集中講義シリーズ
(2003/03)
細野 真宏

商品詳細を見る
関連記事


2013-06-16 : 参考書 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆかベクトル、せき

Author:ゆかベクトル、せき

はじまり

↑初めて受けた代々木医学部模試
6個のW(W判定+White判定)から始まったD(daigakusei)のブログ

素直(?)な目線で
受験問題を解いたりしてみています。
0点から名前掲載まで幅広く経験しています。


はじめての模試の心境と成績表概略


大阪市立大学に在籍中です

質問やご指摘等ありましたら下のメッセージボックスかコメント、あるいはメールをこちら↓にお願いいたします
yukavector☆gmail.com(☆を@にしてください)

大学受験 ブログランキングへ

検索フォーム

お知らせ

【このブログについて】
『1』解説は「続きを読む」をクリック

アクセス急増リンクまとめ 【よくある疑問】 【医学部への参考書】 【0から古文】

スポンサードリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
41位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる