[数学]名古屋市立大学2006

名古屋市立大学2006

問題文


(1)
この数列は群数列とかんがえます
別に群数列とか難しく考えんと
グループわけしたほうが楽できる数列は群で考えるってだけの話です


で、問題文で問われてるのはこういうこと


各群のなかの項数は簡単にわかるやん
だからk群までの項数をちゃちゃっとだしてしまうねん
その項数に1を加えるだけです



(2)
群数列の問題は根性で書くと見やすいってことで書くのです!


見たら方針は立てやすいやろ
m+7群までの項数をかんがえて、m+8群を具体的に17まで書けばいいのよ
頭の中でやると間違えますまじで




(3)
これは(1)みたいな感じやな
k群までの和を考えて、それに1を足します




(4)
だいたいどの群までを考えるのか当たりをつけたら具体的にかけますやん

あくまで書けるものは書くって鉄則やからな


関連記事


2013-04-29 : 数学過去問 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆかベクトル、せき

Author:ゆかベクトル、せき

はじまり

↑初めて受けた代々木医学部模試
6個のW(W判定+White判定)から始まったD(daigakusei)のブログ

素直(?)な目線で
受験問題を解いたりしてみています。
0点から名前掲載まで幅広く経験しています。


はじめての模試の心境と成績表概略


大阪市立大学に在籍中です

質問やご指摘等ありましたら下のメッセージボックスかコメント、あるいはメールをこちら↓にお願いいたします
yukavector☆gmail.com(☆を@にしてください)

大学受験 ブログランキングへ

検索フォーム

お知らせ

【このブログについて】
『1』解説は「続きを読む」をクリック

アクセス急増リンクまとめ 【よくある疑問】 【医学部への参考書】 【0から古文】

スポンサードリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる