[数学]東京大学2012前期「5」

東京大学2012前期「5」

問題文



(1)
条件Dを式に書き換えてみましょう
平行四辺形なので三角形の面積の公式の二倍がその面積になります

座標(0,0),(a,b),(c,d)で作られる三角形の面積は
S=|ad-bc|/2



計算するだけで示すことができますね



B-1についても同じ感じになります




(2)
c=0です
行列とア式に代入するやろ
a,b,c,dは整数やから絞ることができるわけです


さて、BAやB-1Aをみてみると行列の右上の項に右下の項を足したり引いたりする以外は変化しないことがわかるねん


この右上の項を0にするように左からかけていくわけです
一例かけば様子がわかると思います



(3)
cの範囲をみればわかると思いますが、(2)とは独立しています


これ、悩むことなしに絶対値の考え方の問題となってます

関連記事


2013-06-18 : 数学過去問 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

はじめまして
はじめまして、うろこ雲と申します。数学ブログの検索エンジンからやってきました。

入試問題の解説、とても分かりやすくて感銘を受けました。行列の問題は計算が大変ですよね。
(1)は高校数学縛りがうらめしいです(笑)
行列式の積の公式が使えたらずいぶん楽になりそうですが、縛りの中で解くのが高校数学の面白さでもありますね。

数学について語り合える方に飢えているので(笑)また見にきます。
ではでは^^

2013-06-19 04:21 : うろこ雲 URL : 編集
>うろこ雲さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
入試問題作成者は高校の数学という狭い範囲でよくもまぁ
様々な問題を
時には感動するほど鮮やかに作ることができるんだなぁと感心しますね。

数学の専門家の方がご覧になられるようなサイトではありませんが...汗
知り合いに受験生などいらっしゃいましたら
紹介してみてくださいw

ありがとうございます^^
2013-06-19 11:19 : ゆかベクトル URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆかベクトル、せき

Author:ゆかベクトル、せき

はじまり

↑初めて受けた代々木医学部模試
6個のW(W判定+White判定)から始まったD(daigakusei)のブログ

素直(?)な目線で
受験問題を解いたりしてみています。
0点から名前掲載まで幅広く経験しています。


はじめての模試の心境と成績表概略


大阪市立大学に在籍中です

質問やご指摘等ありましたら下のメッセージボックスかコメント、あるいはメールをこちら↓にお願いいたします
yukavector☆gmail.com(☆を@にしてください)

大学受験 ブログランキングへ

検索フォーム

お知らせ

【このブログについて】
『1』解説は「続きを読む」をクリック

アクセス急増リンクまとめ 【よくある疑問】 【医学部への参考書】 【0から古文】

スポンサードリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
43位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる